邸宅の窓  市川市(千葉県)

e0098739_2020652.jpg
上部は「横軸回転窓」下部は「引き違い窓」
e0098739_20203414.jpg

e0098739_2021140.jpg
下部は「上げ下げ窓」
e0098739_20212195.jpg

e0098739_20215225.jpg
大正3年  旧木内重四郎別邸(現 木内ギャラリー) 設計顧問 保岡勝也  設計 鹿島貞房
*敷地1万坪・和洋館並列の大邸宅、平成11年に解体、洋館の一部が移築保存されたそうです。
[PR]

by earybird | 2008-06-08 20:25 | 住宅 | Comments(8)

Commented by lucca-truth at 2008-06-08 22:03
こんばんわ
さすがに立派な邸宅だけあってとってもよい雰囲気の窓ですね、
建物は珍しい形ですね、屋根の上の四角は塔でしょうか。
Commented by nobulinn at 2008-06-10 05:59
おはようございます。
窓もですが、建物自体も、個性的な姿をしていますね。
3枚目のお写真、すてきです。
Commented by humsum at 2008-06-10 09:40
おはようございます!
今まで見た事のない塔のカタチをしていますね..
素晴らしいです..建物全体を見てみたかったです..
窓が素敵ですね..特に..三枚目の窓に目が..
Commented by 太郎 at 2008-06-11 21:31 x
lucca-truthさん
おっしゃるように珍しい形ですね。
屋根の上は塔屋で出られるように
なっていたようです。
Commented by 太郎 at 2008-06-11 21:34 x
nobulinnさん
3枚目は窓、よろい戸、内部が
一緒に楽しめます^^
Commented by 太郎 at 2008-06-11 21:37 x
humsumさん
保岡勝也の設計した建物の
窓はこれで4か所目ですが
この建物が現役の頃は
かなりの規模だったようです。
Commented by きょん at 2008-06-12 08:56 x
本当に見たことのないような窓、建築、
保岡勝也氏とは、どのような方なのでしょう?
興味津々です。
Commented by 太郎 at 2008-06-13 21:25 x
きょんさん
保岡勝也(1877-1942)は
明治30年代は三菱に在籍し
明治末に保岡建築事務所を
開設して「旧八十五銀行(川越)」
「長崎次郎書店(熊本)」「旧山崎家別邸(川越)」などを
手掛けました。これらは以前このブログでもご紹介しました^^
住宅、茶室、庭に関する多くの著書もあります。