乾物屋さんの窓  佐原市(千葉県)

e0098739_15214995.jpg

e0098739_15221758.jpg

e0098739_15223287.jpg
窓ガラスに屋号、扉は看板に利用・・・それにしても分厚い壁(尺五寸らしいです。約45センチ)蔵なみの頑丈な造りです!完成まで2年以上かかったとか^^
中村屋乾物店  明治25年
[PR]

by earybird | 2006-12-10 15:27 | 商店 | Comments(8)

Commented by humsum at 2006-12-10 17:49
蔵造りの窓ガラスに、店名が入っているって..ご主人は、なかなかの
アイディアマンのようですね..扉の使いかたも..こんなのは、見たことが
ないです..
Commented by lucca-truth at 2006-12-10 22:34
こんばんわ
頑丈そうな建物ですね。
窓ガラスに屋号に扉に看板に珍しいですね。
Commented by 太郎 at 2006-12-10 22:55 x
いいアイディアですね・・・実は二枚目の左側が解読できません
何と読むのでしょう・・・^^;
Commented by 太郎 at 2006-12-10 22:57 x
lucca-truthさん、こんばんは。
そうなんです・・・とても頑丈です。大火を経験した街だったことが何処かに説明があったような・・・^^;防火の意識はあったようです。
Commented by nobulinn at 2006-12-10 23:30
こんばんは。
これは立派ですね~!
こんなふうな窓、初めて見ます。
扉が看板になっているところが、面白いですね。
Commented by 太郎 at 2006-12-11 22:33 x
nobulinnさん、こんばんは。
立派な扉に窓、重厚感たっぷりですね。
面白い窓です。^^
Commented by マフィンマン at 2006-12-12 22:37 x
これはお見事ですねえ。壁、分厚い! 扉がそのまま商品メニューというか広告になっているんですね。同時代の建物と比べても一際立派なのではないでしょうか。

拙ブログにお出で下さり、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。私もリンクさせて頂きます。
Commented by 太郎 at 2006-12-13 07:52 x
マフィンマンさん、ようこそおいで下さいました^^
見事な壁と扉・・・「いい仕事してますねえ^^」(お宝探偵団風に・・・^^)と言ってあげたいです。
こちらこそ、よろしくお願いします。